アオイは二輪車に跨って運転を始めた。

 

走行中ではあったが、

 

その運転速度はあまり速くない。

 

鞄からひょいっと出て、

 

アオイの肩へと移動した。

 

「ねえ、ご…アオイ」

 

「何?」

 

「お釣りを貰わなかったね」

 

肩に乗っている俺を一瞥し、

 

歯を見せて笑った。

 











 

「気付いてたの?

 

受け取らなかった理由」

 

「匂いでわかるよ」

 

アオイの窃盗に、

 

俺は気付いていた。今着ている服の下に、

 

おそらく店で買えなかった服を着ている。

 

試着室に入った理由は

 

この服を手に入れるため。

 

どんな服であっても、

 

服の個性とも言える素材の匂い。

 

デザイン以外の服の個性。

 













 

「そっか。そうだよね…

 

あ、ルミ。ここの路地、入るよ」

 

「良いけど…なんで?

 

あの服、そんなに――」

 

「後で話すよ。少し静かにしてて」

 

声の調子がいつもとは違う。

 

その表情は何処か

 

険しくなっているように見えた。

 













 

部屋に戻ってからアオイは

 

いつも着ている服を脱ぎ、

 

盗んだ服を姿見で確認していた。

 

黄土色に近い上下

 

カーキー色の服が今回の収穫物。

 

先程アオイの肩に乗っている時に

 

嗅いだ時の匂いと同じだった。

 

大目に払ったお金はこの代金分だろう。