変わっていたと言えば、もう一つ。

 

ミカンがミカンという名前の所以である。

 

どうしてミカンと名付けたのか。

 

それはミカンが蜜柑を好きだったから。

 

猫に興味の無い人からすれば、それがどうしたと思うだろうが…

 

猫は柑橘類の果物を嫌うのである。



鼻が悪いのかと動物病院に連れて行って

 

検査してもらうも、寧ろ鼻は良いと診断された。

 

だからそれを見た自分が、「この子の名前、ミカンでいっか」という案が

 

不覚にも親に採用され、猫の名前となったのだ。

 

もう少し考えて付けてあげれば良かったのかもしれないが、今となっては後の祭り。



工藤は言葉を接ごうとしなかった。

 

ただ、ミカンの毛を見つめたまま目を細めている。

 

ミカンは工藤にも当然のように懐いた。

 

工藤もまた、ミカンが好きだったのだろう。

 

家に来ては必ずミカンと戯れていた。

 

時にはキャットフードや爪とぎなど、

 

ミカンのために何かと買ってきてくれていたのだ。

 

工藤は家で猫を買えないから気にしなくていいと言っていた。

 

だからこそなのだろう。

 

工藤がある時、皆勤賞を目前に学校を休んだのは。