「最近、犯罪者の変死が問題になってるんだったよな。

 

あれ、俺のせい。

 

俺がアイツらを葬った。

 

強く願うと、その想いは届くらしい」

 

言い方は柔らかいが、その言葉には狂気が混じっており、背中に悪寒が走った。

 

「衛が昨日見てたテレビ。

 

立て籠もり犯も俺が殺した。

 

勿論、念じるだけで殺せるんだから証拠はない」



工藤の言葉に淀みが一切見られなかった。

 

それは真実を語る時の口調。

 

数年彼と過ごしてきた時間から、それ位は理解している。

 

だからこそ、今、目の前に居る工藤の存在が信じられなかった。

 

気付けば体が小刻みに震えている。

 

直感的に彼が悪だと、自分の頭が理解していた。



「蚊も…犯罪者も…ここで俺達を脅していた人間も…お前が殺したってのか」

 

「そうだよ」

 

今日一番の晴れやかな表情で工藤は肯定した。

 

今まで隠していたことを自分に話せて、心のつっかえが取れたような、笑顔。

 

犯罪者であり、自分の友達。複雑な心情だったが、もうどうでも良かった。

 

三年生の教室がある二階へと向かう階段の手前で、工藤がふと足を止める。

 

どうしたのかと思っていると、彼は頭を下げて来た。

 

「ありがとう、聞いてくれて」