人生に退屈していると、何か起こらないかと願ってしまうことがある。

平和というこの国の時間に辟易とし、

惰眠を貪っているクラスメイトは沢山いた。



「いてっ!」

頭頂部へ電流が流れたように、痛みが全身を駆け巡った。

周囲のクラスメイトがくすくすと笑っている。

頭に手を当てながら体を机から起こすと、

手越が出席簿を片手に仰ぐようにして持っていた。

「寝るなと言ってるだろ!」

眉を楔形にしながら大声で怒鳴る。

この教師、手越はクラスの副担任だ。

周囲で寝ていたクラスメイトもその声に驚き、目を覚ます。



「よーし、良い度胸だ。春日丘、この大問二を解いてみろ」

教科書を開きながら、前の黒板をドンと叩く。

指で目垢を取りながら、手越の持っている教科書のページを開く。

どうやらまだ授業でやっていない範囲の内容であることが見て取れた。

「先生の授業を聞かずとも、出来るだろ?寝る余裕があるんだからな」

文句を言う前に、厭味ったらしく口を開く手越。

表情を見るとイラつくのは分かっていたので、目線を合わせないようにして息を吐いた。